ここから本文です

アントニオ猪木、生前葬開催の理由は兄弟2人の死去

9/14(木) 15:22配信

日刊スポーツ

 アントニオ猪木(74)が14日、都内で10月21日に東京・両国国技館で開催する「INOKI ISM.2 猪木劇場~アントニオ猪木『生前葬』~」発表記者会見を開いた。

【写真】「生前葬」会見で豪快に笑うアントニオ猪木

 猪木は生前葬開催の大きなきっかけが、今年に入って兄弟2人が心臓の病などで亡くなったことだと明かした。猪木自身、11日に北朝鮮から帰国した際に息切れしたと訴えており「2人、兄弟が亡くなって…心臓系のあれで、兄貴もその下も。俺も、この間も羽田に着いた時の記者会見で、やっぱり、ちょっと息切れが出てきたことがあった」と、自身の体調に変化を感じていることも口にした。

 猪木は会見冒頭で「元気ですかぁ~!!」と叫んだ。その後、生前葬をやるにあたっての心情を語った。

 猪木 生前葬をやるという話になって急きょ、この話が盛り上がった。何年か前にジャイアント馬場さんが亡くなった。リングの上で、いつも挑戦していたんですが、理由を付けて逃げ回っていた。ある日『挑戦状を受ける…三途の川で待っている』と。三途の川まで行くには、ちょっと早いな。そろそろ迎えに来てもいいかな。

 猪木は1999年(平11)1月31日に亡くなった、ジャイアント馬場さん(享年61)の挑戦状を受ける意義が、今回の大会にはあると強調した。

 席上で当日、行われる7試合が発表され、メインイベントで、新日本プロレスでIWGPヘビー級王座を2度獲得した“超竜”スコット・ノートン(56)とK-1グランプリで3度優勝のピーター・アーツが時間無制限1本勝負で対戦することが決まった。ノートンは7月24日に東京・後楽園ホールで開催された「カール・ゴッチ没後10周年、モハメド・アリ没後1周年大会 INOKI 『ISM』」に続く参戦となる。またスタン・ハンセン、タイガー・ジェット・シン、ドン・フライ、藤原喜明も参列する。【村上幸将】

最終更新:9/14(木) 17:06
日刊スポーツ