ここから本文です

カープ女子も「あ~」優勝おあずけに大きなため息

9/14(木) 22:42配信

日刊スポーツ

 1979、80年以来となるプロ野球セ・リーグ連覇の達成まで、優勝マジック2とし、14日に大一番を迎えた広島カープ。広島市内の居酒屋などでは赤いユニホームを着たカープファンがテレビ観戦した。

【写真】広島ファン、阪神戦に一喜一憂も優勝決まらずため息

 広島市内にある居酒屋「赤まる」では瓶ビール500本を用意。広島がDeNAに勝ち、マジック1となった時点で、ファンは店内でのビールかけを期待し大盛り上がり。テレビで阪神対巨人戦を見入った。阪神の引き分けが決まり、優勝がお預けになると「あ~」と大きなため息が漏れた。

 カープ女子の会社員谷本芳江さん(23)は「昨年の優勝の時もここでビールかけをした。2年連続のビールかけを楽しみたかった」と肩を落とした。それでも「次は広島が勝った瞬間に、みんなとビールかけをしたい」と前向き。16日のヤクルト戦(マツダスタジアム)での胴上げを期待した。

 会社員の大崎健二さん(30)は「26年ぶりの地元でのリーグ優勝を見てみたい」と期待を寄せた。

最終更新:9/15(金) 19:26
日刊スポーツ