ここから本文です

マツダが脱ミニバンへ、新型CX-8を発表!同社の国内最上級SUVは319万円から

9/14(木) 11:00配信

オートックワン

マツダは、新型3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」の予約受注を2017年9月14日より開始した。価格(消費税込)は、319万6800円~419万400円。なお、発売は12月14日になる。

【画像】CX-5と似てる!?マツダ 新型CX-8の詳細を写真でチェック(152枚)

新型CX-8は、マツダの国内向けSUVラインナップにおける最上位モデルとなる。「走りやデザインを諦めたくない。でも家族や友人とドライブも楽しみたい」と考えるユーザーに対し、多人数乗用車の新たな選択肢としてマツダが提案する、3列シートクロスオーバーSUVである。

スカイアクティブ(SKYACTIV)技術と魂動(こどう)デザインを全面的に採用し、「上質かつ洗練されたデザイン」「街乗りから高速走行まで意のままに余裕のある走り」「3列目を含むすべての乗員が楽しめる快適性と静粛性」を特長としている。

デザインは、「魂動」をより高い次元へと進化させた。「TIMELESS EDGY(タイムレス エッジー)」をコンセプトに、時を経てもユーザーの完成を刺激し続ける先進性を目指し、国内における最上位SUVとして、風格や質感にこだわり、インテリアも色や素材の一つ一つにまで吟味を重ねた。

新型CX-8では、進化したクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を採用。2012年の導入以降で最も大きな改良を加えることにより、力強いパフォーマンスとすぐれた環境性能を両立させた。
また、1列目から3列目にいたるまで会話が楽しめる静かな室内空間とした。加えて、マツダ独自の技術「G-ベクタリングコントロール」を搭載し、ドライバーとともに乗員全員が長距離ドライブを楽しめる環境を実現した。

また、ドライバーの認知・判断をサポートする先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備。経済産業省、国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に全機種が該当する。さらに、新開発の「360°ビュー・モニター」を設定し、駐車時や狭い路地でのすれ違いなど、さまざまな状況において運転するユーザーの安心と安全をサポートする。

ボディカラーは「マシーングレープレミアムメタリック」をはじめ、「ソウルレッドクリスタルメタリック」など全7色を設定した。

インテリアは、本革とファブリックにより4種類の内装を設定。「XD Lパッケージ」の本革内装(2種類)では、部位の上下でツートーンの色を使い分けることで、シックながら温かみのある落ち着いた雰囲気を表現した。

3列目まで大人が乗れる居住性、無理のない優れた乗降性、様々な用途に応える収納・荷室スペースとし、3列シートSUVとして使いやすさと快適で上質な空間の両立を追求した。

人間工学に基づき、理想的な運転姿勢を取れる1列目、大柄な乗員でもくつろろげる2列目、さらに身長170cmでも無理なく快適に過ごせる3列目の空間を、日本の道路・駐車環境を意識したボディサイズ(全長 4900mm×全幅 1840mm×全長 1730mm)の中で実現。

荷室容量は、3列目までの定員乗車時にはA型ベビーカー1台やゴルフバッグ2個を積載できる239リットル、3列目シートを倒すと572リットルを確保した。さらに荷室のトランクボードしたには307mmの深さを備えたサブトランクもあり、様々な用途に対応する。

最終更新:9/14(木) 17:55
オートックワン