ここから本文です

嵐・松本潤、一人の男としてどこを取っても格好良く映る真の魅力 役者歴20年

9/14(木) 7:00配信

MusicVoice

 【取材雑感】嵐の松本潤(33)が、自身が主演を務めた映画の舞台挨拶でみせた姿は、トップアイドルではなく、役者、一人の大人の男としての魅力を感じさせた。

 松本が主演を務めた映画『ナラタージュ』(10月7日公開)は、島本理生氏の同名小説を『世界の中心で、愛を叫ぶ』などの作品で知られる行定勲監督が映画化したもので、ヒロインを女優の有村架純が演じ、妻を持つ高校時代の演劇部顧問の葉山(松本)と再会した、泉(有村)との禁断の純愛物語。行定監督が構想に10年を掛けたという渾身の作品だ。

 その完成披露試写会が去る8月23日に都内で開かれた。試写会前には、会場外に設けられたレッドカーペットでファンブリーディングも。タキシード姿でビシッと決まった松本。集まった報道陣の前までドレスアップした有村の右手を取り、優しくエスコートする姿は紳士のそれ、そのもの。

 レッドカーペット上では、笑顔で集まったファンと交流。黄色い声援が終始収まることはなかった。

 舞台挨拶では、行定監督とプライベートで会ったことをきっかけに今回の出演が決まったエピソードも明かされた。「行定監督の作品に出れるということが嬉しかったです」と喜んだ。

 一方で一人の役者として真摯な姿も。台本を初見した際、松本が演じる葉山の人物像がよく分からなかったという彼は行定監督とプロデューサーに直接会い、話を聞いた。松本は「その時に葉山という人物を、こういう風に映したいと言われた言葉が素敵で、演じることが楽しみになりました」と振り返った。

 松本は1999年に嵐としてデビューするよりも前に、1997年にTBS系の2時間ドラマ『保険調査員 しがらみ太郎の事件簿 讃岐殺人事件』で、テレビドラマデビューを果たしている。その年にはKinKi Kidsの堂本光一と堂本剛が主演を務め、話題を呼んだ『ぼくらの勇気 未満都市』に嵐の相葉雅紀とともに初のドラマレギュラーとして出演しており、役者としても20年のキャリアを持つ。

 8月30日に、34歳の誕生日を迎えた。スタッフからサプライズでバースデーケーキが贈られ、「いやいや、いいっすよ(笑)」とはにかむ姿も。ケーキには映画のタイトルと掛け、“ナラタージュン”という文字が装飾されていた。

 松本は「まさか、タイトルと僕の名前でギャグができるなんてね」と言い、感心した様子。しかし、写真撮影の際には「ン」の文字が取り除かれ、「ナラタージュ」に。「え!? それ取っちゃうの? まあ、そうだよね…」と苦笑いするも、会場の笑いを誘った。

 行定監督からは「大人のかっこいい男だと思っています。正義感強すぎるほど強いので…かっこいい松潤でいてくれればと思います」とベタ褒めされた。

 この日の取材では、普段のメディアを通して見る、嵐の松本潤とはまた違った、しかし、やはりどこを取っても格好良く映る彼の魅力を、随所で見ることができた。【取材=松尾模糊】

最終更新:9/14(木) 7:00
MusicVoice