ここから本文です

絶滅種「ムジナノカミソリ」か? 長崎の離島に自生 DNA解析へ 放牧地にオレンジ色の花

9/14(木) 9:39配信

西日本新聞

 野生のものは絶滅したとされるヒガンバナ科の「ムジナノカミソリ」に似た植物が、長崎県佐世保市の離島、宇久島に数多く自生していることが分かった。高知大農林海洋科学部の島崎一彦教授=花卉(かき)園芸学=などが詳しい調査を進めている。宇久町観光協会によると、9月は開花のピークで、島北西部の農道沿いや畑、放牧地にオレンジ色の花を咲かせている。

 ムジナノカミソリは、同じヒガンバナ科の「キツネノカミソリ」に酷似していることから、キツネ同様に人を化かすとされるムジナ(アナグマ)の名が付いたという。カミソリは細長い葉の形に由来しているとされる。かつて宮崎県日南市に多く自生していたが、環境省が2007年に野生絶滅種に選定している。

 島内の元中学教諭大岩保雄さん(74)が約10年前に発見した。3月に現地調査した島崎教授によると、100株以上は自生しているとみられる。ただ、ムジナノカミソリに比べて開花時期が約1カ月遅いことから「絶滅種とは別の種の可能性がある」として、今後DNAの解析などで調べる。

 島崎教授によると、同様の植物は、対馬市にも自生しているという。

=2017/09/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞社

最終更新:9/14(木) 15:14
西日本新聞