ここから本文です

DeNAが4位転落 3年目飯塚が最短1回6失点降板、無念の背信投球

9/14(木) 7:11配信

Full-Count

巨人と入れ替わり4位転落

 DeNAは13日、広島(マツダ)に4-12で大敗。阪神に快勝した巨人と入れ替わって4位に転落した。

各球団発表、2016~2017年の引退、戦力外、補強、移籍一覧

「チームに勢いを与える投球ができませんでした。早いイニングでの降板になり、中継ぎ陣と先制してくれた野手の方に申し訳ないです」

 先発した3年目右腕、飯塚が球団を通じて無念のコメントを絞り出した。初回に宮崎のタイムリーで2点をもらったが、その裏、先頭の田中に左越えソロを被弾。続く菊池に左翼線への二塁打を浴び、丸を三振、松山を中飛で2死まで奪ったが、ここから広島打線につかまった。

 新井、安部、岩本に3連続安打、磯村への四球後、投手の中村祐にも内野安打を許し、打者一巡して田中にもタイムリーを浴びた。飯塚はラミレス監督に就任当初から注目され、今季1軍デビューの機会を与えてもらうなど大きく飛躍したが、大事なシーズン終盤に、自己最短となる1回で7安打6失点と無念の背信投球となってしまった。

 2番手の三嶋はロングリリーフで3回無失点と好投したが、6回に砂田と田中健が再び広島打線につかまり、終わってみれば今季最多タイとなる12失点で敗戦。後味の悪い4位転落となってしまった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/14(木) 7:11
Full-Count