ここから本文です

新型「マツダCX-8」12月発売 国内最上位の3列シートSUV、319万円から

9/14(木) 18:10配信

乗りものニュース

脱「箱型」目指す

 マツダは2017年9月14日(木)、新型3列シートクロスオーバーSUV「マツダCX-8」の予約受注を同日に開始し、12月14日(木)に発売すると発表しました。

この記事の画像をもっと見る(142枚)

●新型「CX-8」のポイント
・エクステリアは、「多人数車=箱型」のイメージとは一線を画す、走りの良さを感じさせるプロポーションを創出するとともに、ボディ表面の光の変化で品格を漂わせながらも、ショルダー部などの張り出しによってSUVらしい力強さも同時に表現。
・ボディカラーは「マシーングレープレミアムメタリック」をはじめ、「ソウルレッドクリスタルメタリック」など、全7色。
・インテリアは、機器類を左右対称に配置した水平基調の造形により、ドライバーが運転に集中できる心地よい緊張感と広がり感を表現。また、内装は本革とファブリックによる4種類を設定。
・クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を搭載。少量の燃料を多段かつ高圧で微細噴霧化して噴射することで静粛性と燃焼効率、高い環境性能を両立する「急速多段燃焼」を採用。最高出力140kW、最大トルク450N・m。
・全機種に6速AT「SKYACTIV-DRIVE(スカイアクティブ・ドライブ)」を設定。駆動方式は前輪駆動(2WD)と新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD(アイ・アクティブ・エーダブリュディー)」を選択可能。ハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを制御し車両の安定性を向上させる制御技術「G-ベクタリングコントロール」も全機種に標準設定。
・走行燃費は2WD時が17.6km/L、AWD時が17.0km/L(いずれもJC08モード)。
・2列目シートには、機種により左右分割のキャプテンシート(2種類/6人乗り)とベンチシート(7人乗り)を設定。「XD L Package」専用のキャプテンシートには、中央に充電用USB端子付大型コンソールボックスを装備。
・荷室容量は、3列目までの定員乗車時にはA型ベビーカー1台やゴルフバッグ2個を積載できる239L、3列目シートを倒すと572Lを確保。荷室のトランクボード下は307mmの深さを備えたサブトランクも設定(いずれもVDA方式、サブトランク容量65Lを含む、BoseRサウンドシステム無しの場合)。
・軽量・高剛性ボディ「SKYACTIV-BODY(スカイアクティブ・ボディ)」に、マツダ初の「二又構造」をCピラー下に採用。後面衝突時に3列目乗員を保護する剛性を確保。
・メーカー希望小売価格は319万6800円(税込)から。
・月間販売計画台数は1200台。

 マツダは新型「CX-8」を、国内向けSUVラインアップにおける最上位モデルと位置付けており、「上質かつ洗練されたデザイン」「街乗りから高速走行まで余裕のある走り」「3列目を含むすべての乗員が楽しめる快適性と静粛性」を特長としています。

 同社の小飼雅道代表取締役社長兼CEOは、新型「CX-8」について「新しいライフスタイルをお求めになるお客さまとともに、新しい市場をつくっていきたいという意気込みで開発したクルマです。異なるライフステージ、ライフスタイルにおいて生涯を通じてマツダ車を選んでいただける、お客さまと強い絆で結ばれたブランドとなることを今後も目指します」と述べています。

乗りものニュース編集部