ここから本文です

全日本F3:王者は逃げる高星明誠か、それとも追う坪井翔か!? いよいよSUGOで今季最終ラウンド

9/14(木) 22:27配信

オートスポーツweb

 9月23~24日の2日間、宮城県のスポーツランドSUGOでスーパーフォーミュラ第6戦の併催レースとして、全日本F3選手権の第9ラウンドが開催される。いよいよ2017年の最終ラウンドとなるが、今季のチャンピオン争いは高星明誠(B-MAX NDDP F3)と坪井翔(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)のふたりに絞られている。

【第17戦オートポリスのスタートシーン】

 若手の登竜門として、これまでも国内外のトップドライバーたちを輩出している全日本F3。その39代目のチャンピオンに輝くのはいったいどちらなのか……!? 第9ラウンドはふたりのタイトル争いの決着の場となる。

 今季の全日本F3は、シーズン序盤は高星が開幕ラウンドを制すると、岡山、鈴鹿、富士、そして第8戦の岡山までで6勝をマーク。これに今季から参戦を開始したアレックス・パロウ(THREEBOND)が絡み、第9戦までで3勝と、高星とパロウによるタイトル争いが予想されるシーズンとなっていた。

 しかし、風向きが大きく変わったのは第5ラウンドの鈴鹿だ。全日本F3参戦2年目だった坪井は、初年度に2戦をのぞきすべて表彰台という抜群の安定感を示しつつも、それまで自らが課題としていた優勝にはなかなか手が届かなかった。しかし、鈴鹿で待望の初優勝を飾ると、それから堰を切ったかのように勝ちまくった。

 なんと坪井は、まさかのチームメイト同士の1コーナーでの接触となった第12戦富士をのぞき、9戦で8勝をマーク。一気にパロウを抜き去り、高星のタイトル争いの相手に躍り出たのだ。第5ラウンドの鈴鹿の時点で高星は「トムスが速くなった」と明確に感じており、坪井の僚友である宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM'S F314)もパロウとともに高星にとっては“やっかいな相手”となっている。

 迎える最終ラウンドのSUGOには、高星が142ポイント、坪井が123ポイントで乗り込む。ふたりの差は19ポイントだ。全日本F3では勝てば10ポイント、ポールポジションで1ポイント、ファステストラップで1ポイントが得られるため、いわゆる“フルマーク”で12点が稼げる。一方、2位は7ポイント、3位は5ポイント。以下3-2-1という得点となっており、高星は第19戦で8点を稼げばチャンピオンとなれる。また、第19戦を3位+第20戦を4位でも王座獲得だ。今季は第6戦での車検後の失格以外に取りこぼしがない高星が、かなり有利な条件にあるのは間違いない。

 しかし高星は、そんな最終ラウンドを前に、「表彰台を逃さなければチャンピオンだとは思いますが、勝たなければと思っていますし、勝ってこそのチャンピオン」だと今季もう1勝をなんとしてもSUGOで挙げたい意気込みを語っている。また、「ポールポジションを獲ることもレーシングドライバーとしての性」と、チャンピオンに相応しい速さをみせて決めたい意気込みをみせている。

 一方の坪井は、序盤戦の無得点が2戦あることなどによりチャンピオンが厳しいことは自覚はしつつも、「最後までフルマークをゲットしたい」と意気込みを語る。常勝トムスでの2年目ということもあり、ある意味チャンピオンが義務づけられていたシーズンではあったが、高星よりも年間の勝ち星で上回り、パーフェクトなレースを積み重ねることで、自らの2017年を締めくくりたいところだ。

 勝ってチャンピオンを決めたい高星か、それとも今の流れのまま2勝を収め、高星の結果を待つ坪井か。そしてそこにパロウ、宮田、そして後半戦で安定した速さをみせる大津弘樹(TODA FIGHTEX)、阪口晴南(HFDP RACING F316)らがどう絡むのか。終盤戦で速さを増すブルーノ・カルネイロ(AlbirexRT-WILSON)も不気味な存在だ。今季の全日本F3の総決算と言えるSUGO戦、ぜひスーパーフォーミュラとともに注目して欲しい。

[オートスポーツweb ]