ここから本文です

逆転ゴールの浦和FWズラタン「失点した後も“希望”を失うことはなかった」

9/14(木) 11:19配信

SOCCER KING

 第1戦は1-3で完敗。第2戦も先制点を許す厳しい展開に。しかし、諦める者は誰一人としていなかった。

「前半は悪い内容ではなかった。失点はしたけれど、やるべきことはしっかりと見せることができたから。もちろん失点をした後も、僕らの中で“希望”を失うことはなかった」

 逆転ゴールを決めたズラタンが、真剣な眼差しで思いを明かした。

 AFCチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦が13日、埼玉スタジアムで行われ、浦和レッズが川崎フロンターレを4-1で下し、準決勝進出が決まった。

 1-1で迎えた63分、マウリシオに代わりズラタンがピッチに入ると、その7分後に柏木陽介のCKに頭で合わせて逆転に成功する。

「自分の得点によって、チームの勝利に貢献できた。ベスト4に進出できたことが夢のようで、とてもうれしい。全員が精神力の強さを見せて、最後まで力を振り絞った証しです」

 38分に車屋紳太郎の退場により川崎が10人となった後、浦和は追加点を挙げられずにいた。しかし、粘り強く攻撃を続けた結果、ようやくズラタンの逆転ゴールが生まれる。

「チームが4得点を挙げることは最近なかったですし、これだけ得点できたのは素晴らしいこと。今日の勝利で自信も生まれたし、僕らに勢いを与えてくれると思う」

 準決勝の相手は中国の上海上港。9月27日(水)にアウェーで第1戦が行われ、10月18日(水)に相手をホームに迎える。

 大逆転でつかんだ自信を力に変え、浦和レッズはアジアの頂点を目指す。

文=大西徹

SOCCER KING

最終更新:9/14(木) 11:19
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合