ここから本文です

札幌市職員 深夜バイトで懲戒免職

9/15(金) 20:28配信

HBCニュース

北海道放送(株)

札幌市は深夜のコンビニなどでバイトをしていた57歳の男性職員を懲戒免職にしました。
日中の職場で居眠りを繰り返していました。懲戒免職となったのは、札幌市・北部市税事務所の畑山啓造主査57歳です。札幌市によりますと、畑山主査はおととし2月から今年6月にかけて、無許可でコンビニや飲食店などでアルバイトをし、あわせて200万円ほどの収入を得ていました。ほぼ毎日、深夜にバイトをしていた畑山主査は睡眠不足となり、日中、職場で居眠りを繰り返していたということです。市の調査に対し、畑山主査は離婚した家族への養育費の支払いなどで消費者金融に借金があり、返済に追われていたと説明しているということです。

北海道放送(株)

最終更新:9/15(金) 20:28
HBCニュース