ここから本文です

熊本市の11月ミサイル避難訓練、中止へ

9/15(金) 20:30配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

熊本市は11月に予定していたミサイル発射を想定した避難訓練を中止しました。その理由は「混乱を招くため」…訓練を取りやめた自治体は全国で初めてです。
15日朝のミサイル発射を受け県や熊本市は危機管理の職員が登庁し情報収集にあたりました。県内でミサイル発射の影響はありませんでした。蒲島知事は「全国知事会としても抗議する」としています。
「県民を守るという知事の役割として、絶対に容認できない。」(蒲島郁夫知事)
ところで熊本市は内閣官房などを交えミサイル発射を想定した市民参加型の避難訓練を11月に予定していましたが、それを、市の判断で中止したということです。
「逆にこれだけ緊迫した状況になると、訓練でJアラートを鳴らすと混乱を招きかねないということになるので」(熊本市 大西一史市長)
大西市長は「訓練のサイレン音やメールで交通事故などが起きるのを避けるため中止した」と説明しています。「訓練を実施するため周知を徹底して市長の言う『混乱を避ける』」という選択肢はなかったのでしょうか。
「周知というのがどこまで徹底できるのかが不確かなところもあるものですから。」(熊本市危機管理防災総室 村上孝之総室長)
一方で訓練を中止したという周知については1週間前の今月8日に決まったものの熊本市のホームページや大西市長のツイッター上などでこれまでに発信されていません。内閣府によりますと訓練を取りやめた自治体は全国で初めてです。熊本市は「避難行動は市や内閣官房のホームページで確認できる」としています。

RKK熊本放送

最終更新:9/15(金) 20:46
RKK熊本放送