ここから本文です

【DEEP】村田夏南子と対戦の奈部ゆかり「私が逆に塩漬けにしてやります」=計量

9/15(金) 22:44配信

イーファイト

 9月16日(土)東京・大田区総合体育館で開催される『DEEP 79 IMPACT』の前日計量が、15日(金)都内にて12:30より行われた。

【フォト】日に焼けたボディにビキニ姿の奈部

 第13試合に出場する村田夏南子(フリー)は54.8kg、対する奈部ゆかり(パラエストラ柏)は54.5kgで契約体重の55.0kgをクリアー。

 DEEPには今回が初参戦となる村田は、コメントを求められると「時は来た。それだけだ」とプロレスラーの故・橋本真也の名セリフ。

 奈部については「以前、杉山しずか選手と対戦していたので身体が大きいと思っていたら、そんなに大きくなかった」と印象を語り、「向こうは柔道ベースで私も柔道をやっていたからその部分は何とも思いませんが。私はレスリングもやったのでテイクダウン出来るところが違うと思います」としたが、今回は「打撃を練習しているので打撃を見せたい」と打撃勝負を挑みたいという。

 打撃は10月15日(日)マリンメッセ福岡にて開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント1st ROUND-秋の陣-』で、那須川天心と対戦する元アマチュアボクシング五冠王・藤田大和にボクシングを習っていると言い、「チームの流れがいいので、その流れを止めないように私も勝って次の人につなげたい」と、自分が勝利することによって藤田にも勢いをつけたいとした。

 対する奈部は「個性を出そうと思って金髪に染め、海に行って肌を焼いてきました」と言うが、計量の際に村田を見ると自分より黒く焼けていたため「千葉の海ではダメでしたか…」とガックリ。

 それでも「自分から向かっていきたい。なるようにしかならないので自分が持っているものを全部出せればと思う」と全力で村田にぶつかるとし、「村田選手のタックル&テイクダウンの対策はしてきました。むしろ、その対策しかしていないのでそれで来て欲しい」と村田攻略に自信あり。

 これまでの村田の対戦相手は、抑え込みの強さで敗れているが、「今回は私が逆に塩漬けにしてやります」と逆に抑え込んで何もさせないと宣言。さらに「勝った時に言うことはすでに考えているので、あとはそれを言う舞台を作るだけです」と勝ったらRIZINへの参戦をアピールしたいと言い放った。

 また、今大会では女子の試合が3試合組まれており、KINGレイナ(FIGHT CLUB 428)は72.5kg、その対戦相手キム・ヨンギ(TEAM J/CMA KOREA)は66.6kg。藤野恵実(FIGHT FARM)は52.6kg、その対戦相手べク・ヒョンジュ(GWANGJU SEUNG RI GYM/ROAD FC)は52.4kgで契約体重の52.2kgをクリアーしている。※今大会より1ポンド(約450グラム)オーバーまでは認められるようにルールが変更された。

最終更新:9/15(金) 22:44
イーファイト