ここから本文です

寺嶋由芙 ニューシングルは『知らない誰かに抱かれてもいい』 “大人の女性”を打ち出し11月8日発売

9/15(金) 18:15配信

エキサイトミュージック

2017年3月に『天使のテレパシー』、7月に『わたしを旅行につれてって』をリリースした寺嶋由芙がシリーズ第3弾となるシングル『知らない誰かに抱かれてもいい』を11月8日(水)にリリースすることが発表となった。

ニューシングル「知らない誰かに抱かれてもいい」は、90年代前半のJ-POPを彷彿とさせるメロディーが懐かしく、併せて今までの寺嶋由芙ではイメージし難い刺激的な歌詞で新旧問わずファンを虜にさせる作品となっている。

今回、その作詞を担当したのは、前作「わたしを旅行につれてって」と同様に、「愛をこめて花束を」(superfly)などを手掛けたいしわたり淳治氏。寺嶋自身に“大人の女性”という新たな切り口を提案し、さらにファンが盛り上がれるメロディーが、2017年の寺嶋由芙を締めくくるに相応しい楽曲になっているとのこと。

また、カップリング曲の「世界で一番かわいい君へ」は、自身がこよなく愛する“ゆるキャラ”をはじめとするキャラクター達への気持ちをイメージしたスローバラード楽曲に。作詞は寺嶋由芙/「ぜんぜん」や「ねらいうち」「みどりの黒髪」を手掛けたヤマモトショウ氏が担当し、ゆるキャラだけに限らず、すべての愛しいものに向けた歌詞が非常に響く作品である。

そして3曲目は自身の楽曲「好きがはじまる」「好きがこぼれる」に続く第3弾として、「好きがはじける」を収録。“好きが…”シリーズらしく、アップテンポでハイテンションな楽曲が、寺嶋由芙の魅力をさらに引き立てる。なお、今回の楽曲もすべて加茂啓太郎氏がプロデュースを手掛ける。