ここから本文です

【速報】宮里藍は3アンダーの好発進 トップと5打差/現役最終戦

9/15(金) 20:23配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇海外女子メジャー◇エビアン選手権 2日目(15日)◇エビアンリゾートGC(フランス)◇6479yd(パー71)

ラストマッチ!宮里藍のフォトギャラリー

現役最後の試合を迎えた宮里藍は、仕切り直しとなった第1ラウンドを5バーディ、2ボギーの「68」とし、3アンダーで発進した。

出だしのイン10番でチップイン、11番で6mを決めて連続バーディ発進。3打目をピン手前2mにつけた15番(パー5)でもバーディを奪った。折り返しを挟む18番、アウト1番で連続ボギーを喫した。

1mにつけた3番で一つ伸ばし、7番(パー5)で5mを決めきりバーディとしてバウンスバックした。

宮里はホールアウト後、WOWOWのインタビューで「(18番、1番の後)よく取り戻せた。チャンスも多く、パットも決まった。(悪天候で競技無効となった)昨日の経験が逆に生きたのかなと思う」と語った。

パク・ソンヒョン(韓国)が8アンダーでホールアウトし、首位に立っている。上原彩子は15ホールを終えて3アンダー。野村敏京はスタートホールをパーとした。