ここから本文です

京都サンガ、サイドの攻防が鍵 17日に愛媛戦

9/15(金) 22:00配信

京都新聞

 サッカーJ2の京都サンガFC(勝ち点38、17位)は、17日19時から、ニンジニアスタジアムで愛媛(勝ち点43、15位)と対戦する。
 サンガは、出場停止の選手や負傷者が戦列に復帰し、8試合ぶりの勝利を目指す。高さに欠ける愛媛に対して空中戦での強みを生かしつつ、鍵となるサイドの攻防を制して好機を生み出したい。
 ハ・ソンミンの出場停止が明け、負傷離脱していた高橋が全体練習に復帰したのは明るい材料だ。4月の前回対戦は終了間際の闘莉王の劇的なハットトリックで勝ち、そこから11戦無敗を記録した。相手最終ラインの各選手は身長170センチ台後半と、高さでは闘莉王やオリスに分がある。攻守の切り替えを早めて相手の手薄なサイドを突き、クロスやシュートに持ち込めるか。
 愛媛は前節、2位福岡を敵地で破り、連敗を止めた。機を見た3バックの攻撃参加もあり、今季8得点のFW河原の飛び出しに注意したい。

最終更新:9/15(金) 23:17
京都新聞