ここから本文です

【ローズS】ファンディーナ岩田 競馬界の女神の直撃に「たとえ雨でも大丈夫!」

9/15(金) 20:16配信

東スポWeb

【ローズS(日曜=17日、阪神芝外1800メートル=3着までに秋華賞優先出走権)稲富菜穂のだいじょばない】どうも、稲富菜穂です。やってきました、大好きな女の子たちの戦い! しかも秋華賞の最有力トライアル・ローズSです! ハイレベル世代の熱い女の戦いがまた見られるなんてワクワクするぜ! 夏はどんなふうに過ごしていたのかな? どれだけ成長したのかな? これぞ秋の楽しみ。ハッキリ言ってイレ込み気味です。

 なかでも気になるのはオークス組! まずは2着モズカッチャンについて鮫島調教師にお話をうかがいましたっ。夏はどう過ごされたのですか?

「成長を促す意味で北海道へ放牧。馬体重が510キロぐらいになり、いい感じにフックラとして戻ってきました。今は480キロほどに引き締まりましたが、それでも半回りぐらい伸びが出て、春よりも成長した馬体に。いいと思いますよ」

 くぅ、引き締める術を教えてほしい~(運動しろ)。お話を聞いていると何度も「いい状態」という言葉が聞けて心強いです! 今回は少し距離が短くなりますが、その点については?

「距離は1800~2400メートルが許容範囲かと。ただ体形からすれば本質マイラーなのかなぁと僕は思っているので、むしろ2400メートルでよく持ったと感じたくらい。ですから1800メートルになるのは全然気にしてません」

 そうだったんですね! さらに心強さが増して…やはり本命候補の一頭です。

 オークス5着リスグラシューについては岡助手にお話をうかがいやした。まずは春を振り返ってもらえますか?

「桜花賞(2着)は少し距離が短いなぁと思っていたくらい。直線で少し伸び遅れた感じもありましたが、そこからグイッと来てくれたあたり、能力があると改めて感じました。逆にオークスはハッキリとした敗因が見当たらなくて…。もう少しやれていいはずなんですけどね」

 中間の調整、それと距離については?

「北海道へ放牧に出して、帰ってきたのは2週間前。調教の本数は少ないけど、順調にこなせています。先週ある程度の時計を出したので、今週はテンションを上げ過ぎないように、しまいを伸ばす感じで。いい伸びでしたね。阪神の1800メートルは2歳(未勝利)戦でレコード勝ちをしていますし、この馬にはちょうどいいのかなと思います」

 う~ん、こちらも巻き返し必至的な感じですなぁ~、ワクワク。

 最後にオークスではなく、あえて男馬に挑んだあの馬のことも聞かねば。そう、ファンディーナです。前走の皐月賞(7着)、岩田騎手から見てどう感じましたか?

「正直、疲れがあったのかもしれない。自分の競馬ができなかったと思っています。先週乗せてもらいましたが、今回はビッチリと仕上げない程度に。いい感じできていますね」

 ふむふむ。ズバリ、ポイントになるのは?

「行くにしても、行かないにしても、自分の競馬ができるかどうかだけ。皐月賞までは使うごとにイライラしていたけど、今は精神的に余裕があると感じてます。だから力を発揮できると思うし、たとえ雨でも大丈夫!」

 雨でも大丈夫? そうか、週末は台風が来るとか…。天気予報も気にしつつ、女の戦いを制しやしょう!

☆いなとみ・なほ=1990年12月16日生まれ。関西在住のタレントとして幅広く活躍し、現在はKBS京都の「競馬展望プラス」、ABC「おはよう朝日です」に出演中。彼女が取材した馬が激走することが多いことから、一部のトレセン関係者から「競馬界の女神」と呼ばれている。

最終更新:9/15(金) 20:26
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ