ここから本文です

【ローズS】ミリッサの精神的成長を感じさせた出来事

9/15(金) 20:16配信

東スポWeb

【ローズS(日曜=17日、阪神芝外1800メートル=3着までに秋華賞優先出走権)栗東トレセン発秘話】トレセンでは日々、放馬のアクシデントが起こる。すぐ捕まるケースもあれば、厩舎地区を散々走り回って暴れるケースも…。放馬した馬の近くにいる馬は正直、いい迷惑だ。しつこく追いかけられるシーンはよく見るし、猛然と走って来られることで、暴れてしまい“2次災害”が起こる恐れもあるのだから…。

 先週の坂路でいつものように放馬があった。逍遥馬道を猛然と走るカラ馬。ちょうどその場面に、ローズSに出走するミリッサが遭遇してしまった。「以前のミリッサなら暴れていた」とは大井助手だが、ミリッサは放馬した馬を何事もなくやりすごし、素知らぬ顔をしていたんだとか。

「本当に平然としていた。あれを見ても馬がドッシリして、ちょっと大人になったかなという気はする。女子高生から女子大生になった感じかな」

 そんなミリッサの精神的な成長は前走(有松特別=1着)のレース発走直前に起きたアクシデントにも表れていた。カイザーバルがゲート内で暴れて競走除外に。この事故の隣の枠にいたのがミリッサだったが、この時もつられて暴れるのではなく、おとなしくジッとしていた。

「以前なら追い切りをした後はカイバを結構残していたんだけど、今はほとんど食べてくれる。トモの張りも良くなって、心身ともに成長したね。短期放牧に出るたびに馬が良くなっている感じ」

 ローズSに臨むにあたって先週、今週と2週続けて併せ馬を行った。これはデビュー戦(1着)以来のこと。それだけ負荷をかけられる充実した状態にあるのはもちろん、勝負をかけてきた証しでもある。

「ここでいい競馬ができないようでは本番どうのは言ってられないから」

 確かにその通り。姉のシンハライトが昨年勝ったレースで、妹も奮起した走りを見せてくれそうだ。

最終更新:9/15(金) 20:25
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ