ここから本文です

<積水ハウス>「地面師」を詐欺容疑で告訴 被害63億円

9/15(金) 19:22配信

毎日新聞

 土地取引を巡って63億円をだまし取られたとして、大手住宅メーカー「積水ハウス」(大阪市)は15日、警視庁に詐欺容疑で告訴状を提出した。所有者になりすまして現金を詐取する「地面師」の被害に遭ったとみられ、同庁は告訴状を受理して捜査を進める。

 同社などによると、問題となっているのは品川区西五反田2にある約2000平方メートルの土地。同社は4月24日、仲介業者が所有者から土地を購入し、同社に転売するという契約を結び、6月1日、代金63億円を支払った。

 しかし同社が法務局で土地の所有権を移転する手続きをしたところ、所有者側から提出された書類が偽造されていたことが判明し、同9日に申請を却下された。その後、所有者側と連絡が取れなくなった。契約時に立ち会った女が、偽造した本人確認書類を使って所有者になりすましたとみられるという。

 同社は「今後も捜査に全面的に協力する」とコメントしている。【黒川晋史、五十嵐朋子】

最終更新:9/15(金) 20:21
毎日新聞