ここから本文です

<共謀罪>廃止訴え3000人集会 東京・日比谷

9/15(金) 21:29配信

毎日新聞

 犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法の廃止を訴える集会が15日、東京都千代田区の日比谷野外音楽堂で開かれた。同法廃止を目指す人権団体や市民団体、消費者団体などで作る「共謀罪廃止のための連絡会」が主催。約3000人(主催者発表)が参加した。

 集会では海渡雄一弁護士が「共謀罪の定める計画、準備行為などの概念は不明確。私たちは共謀罪にひるまず、市民活動を堂々と続けよう」とあいさつ。最後に「このままでは民主主義のプロセス自体が破壊されてしまう。私たちの共謀罪廃止の闘いは、その実現まで決して終わることはない」と訴える集会宣言が読み上げられた。

 終了後、参加者たちは「共謀罪は権利侵害」などと書かれたプラカードを手に、日比谷公園から銀座に向かってデモ行進。「共謀罪は廃止」「テロ対策とうそつくな」などと声をあげた。【後藤由耶】

最終更新:9/15(金) 23:03
毎日新聞