ここから本文です

「シン・ゴジラ」「君の名は。」が受賞した文化庁メディア芸術祭の作品展が明日開幕

9/15(金) 21:30配信

映画ナタリー

「第20回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」が、明日9月16日から28日にかけて、東京・東京オペラシティタワー内のNTTインターコミュニケーション・センター、東京オペラシティ アートギャラリーにて開催。本日9月15日にプレス向け内覧会が行われた。

【写真】「第20回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」より、「シン・ゴジラ」展示ブースの様子。(他24枚)

本展は、世界88の国と地域から寄せられた4034の応募作品の中から、第20回文化庁メディア芸術祭で受賞を果たした作品を紹介するもの。アート、エンタテインメント、アニメーション、マンガの4部門から、全受賞作品と功労賞受賞者の功績などを紹介する。

映画作品からは、庵野秀明が総監督、樋口真嗣が監督を務め、エンタテインメント部門大賞に選ばれた「シン・ゴジラ」、アニメーション部門大賞に輝いた新海誠監督作「君の名は。」、同部門優秀賞を受賞した山田尚子監督作「映画『聲の形』」のコーナーが設置された。映像やキャラクター設定資料、ゴジラのひな型などを見ることができる。また同じくアニメーション部門大賞に選出されたブラジル発の長編アニメ「父を探して」の展示も用意される。

なお9月18日には、「映画『聲の形』」の1シーンを手話を用いて演じるワークショップを、東京・社会福祉法人トット基金のトット文化館にて実施。さらに本展の会期中、東京・TOHOシネマズ 新宿では、上記受賞作品のほか「劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~」や「ちえりとチェリー」などを上映する。詳細は第20回文化庁メディア芸術祭の公式サイトを確認してほしい。

第20回文化庁メディア芸術祭受賞作品展
2017年9月16日(土)~28日(木)東京都 NTTインターコミュニケーション・センター、東京オペラシティ アートギャラリー
11:00~18:00
※9月16日(土)、17日(日)、22日(金)、23日(土・祝)は20:00まで
※入場は閉館30分前まで
※ほかサテライト会場あり
入場料:無料

最終更新:9/15(金) 21:30
映画ナタリー