ここから本文です

「おそ松さん」アンソロが6タイトル同発、いろんな角度から6つ子を堪能

9/15(金) 21:34配信

コミックナタリー

テレビアニメ「おそ松さん」をさまざまな作家が描く「おそ松さん 公式アンソロジーコミック」シリーズの最新作が、本日9月15日にKADOKAWAより「ケモケモ」「呑んだくれ」などの6タイトルが同時発売された。

【写真】「おそ松さん公式アンソロジーコミック 【ゲスゲス】」 (他5枚)

ジーン編集部による「ケモケモ」「ゲスゲス」には、霜月かいりや吉元ますめらが参加。それぞれ6つ子がデカパン博士の薬で動物になったりする“ケモケモしい”作品や、パチンコで一攫千金を狙ったりするゲスいエピソードを収録している。なお「ケモケモ」には羊の着ぐるみで眠る一松、十四松、トド松の公式描き下ろしピンナップが、「ゲスゲス」にはおそ松、カラ松、チョロ松の同ピンナップが綴じ込まれており、2つを合わせると1枚絵が完成。その1枚絵を使用したクリアファイルが、本日9月15日発売の月刊コミックジーン10月号(KADOKAWA)に付属している。

キューン編集部が手がけた「呑んだくれ」では、6つ子とお酒をテーマにした作品ばかりを収録。特典として6つ子が温泉でお酒を楽しむ公式描き下ろしピンナップが付属する。9月27日発売の月刊コミックキューン11月号(KADOKAWA)では、このピンナップと同じイラストを使用したお風呂ポスターが付録として用意される。

あすか編集部が手がける「祭り」には、6つ子が屋台を出したり、よさこい踊りコンテストに参加したりするエピソードが集結。公式描き下ろしの綴じ込みピンナップには浴衣姿の6つ子が描かれている。なお10月24日発売の月刊ASUKA12月号(KADOKAWA)には、「おそ松さん お祭りメモパッド」が付属。9月23日発売の同11月号からは、2号連続で「おそ松さん お祭りぐるぐる販売台」が当たるプレゼント企画も展開される。

コミックビーズログ編集部による「コント松集」では、なごみ探偵や忍者シコ松、じょし松など、テレビアニメ1期に登場したコントをモチーフにした物語を展開。匡埜文や住吉文子らが作品を寄せている。公式描き下ろしイラストの特典ピンナップには、6つ子がさまざまなコントの衣装に身を包んでお目見えした。

電撃マオウ編集部による「こぼれ話集2」には、黛ハル太、魔神ぐり子らが参戦。町がゾンビで溢れかえったり、突然宇宙人が訪ねてきたりといったエピソードの数々が、テレビアニメの世界観そのままに描かれる。「こぼれ話集2」には6つ子がジャズバンドになった公式描き下ろしイラストのピンナップが付属している。

アニメイトでは、これらの作品を対象としたフェアを開催。6タイトルすべてを購入した人に、特典としてマスクケース3種セットをプレゼントする。特典は無くなり次第終了となるため、購入予定の書店にて確認を。

「おそ松さん 公式アンソロジーコミック」
「ケモケモ」執筆陣
ガム、さだうおじ、笹木あおこ、こめ助、ようこ、わんにゃんぷー、藤山はるいち、鳴希りお、佑暮れ監督、つごもり、結城あみの、霜月かいり、島陰涙亜、杜若わか、葵季むつみ

「ゲスゲス」執筆陣
名束くだん、こめ助、トリ、ようこ、ミートソース、拓平、下瀬川ひなる、高松翼、鳴希りお、佑暮れ監督、のりお、くらの、修士、吉元ますめ

「呑んだくれ」執筆陣
甘露アメ、きだにまみ、修士、シロ、鈴音ことら、弾正よしかげ、ぶるぺん名梨、ミキマキ、緑川葉、碧風羽、夢乃ハルカ

「祭り」執筆陣
上地優歩、右野マコ、藤也卓巳、風都ノリ、御守リツヒロ、ひめの、キリエ、昴カズサ、朱子すず、れぷれ、PUKU、ハラヤス、あきひめ鈴

「コント松集」執筆陣
百草、鈴木かずみ、匡埜文、PePe、柴梨ミソ、メガまろ、宍戸しん、衣丘わこ、住吉文子、岡野く仔

「こぼれ話集2」執筆陣
じくの、黛ハル太、魔神ぐり子、納都花丸、鈴音ことら、いのうえひなこ、京橋あかね、蓮見ナツメ、上田信舟、水野マリィ、佐倉ニコ、わんだふ~、林ふみの

(c)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会