ここから本文です

ミルクも砂糖もオールインワン!科学者が開発したコーヒー用カプセルとは

9/15(金) 20:10配信

ギズモード・ジャパン

エコで、手軽で、次世代的。

ポン、と温かいコーヒーに入れるだけで、砂糖とミルクが溶け出すカプセルを、独マルティン・ルター大学の科学者たちが作り出しました。

【画像】ミルクも砂糖もオールインワン!科学者が開発したコーヒー用カプセルとは

作り方は、熱したミルクと甘味料(砂糖とかね)を型に入れて独自の手法で冷却。すると糖分が外側に集まって結晶をつくり、ミルクを内側に閉じこめます。言い換えると、外側の糖分が内側のミルクを包み込んでいるような状態。カプセルを室温で保存できる期間は、最大で3週間だそうです。

このカプセルは、コーヒーの繊細な味そのものを楽しみたいという人よりも、家や職場など外出先で日常的にコーヒー(+砂糖+ミルク)を飲む人のためのもの。忙しくてミルクと砂糖を入れる作業ですら面倒だという人には特に、時短で手軽なのがポイントかもしれません。

また、エコな側面もあります。たとえばカフェや機内、さまざまな場所で出されるコーヒーの脇に、ちょこんとついてくるたミルクと砂糖。あの小さなカップも、使っては捨てて...を(世界中で、日常的に)繰り返せば大量のゴミになると思うと、ちょっと後ろめたい気がしますよね。ゼロにはならないといえ、オールインワンカプセルによってそうした廃棄物を少しでも減らせる可能性に期待できます。

ただ難を言うならば、砂糖とミルクが一体となっていること。コーヒーには砂糖(または)ミルク「どちらか一方だけ」入れたい...という嗜好の人も多いですよね。現バージョンはオールインワンであるために、こうしたコーヒー飲みには対応できないのが課題です。...が、すでに研究者たちによって、コーヒーの味を損なうことなく砂糖以外の材料でミルクを閉じこめる製法が研究されているみたいです。

個人的には、そのうちソイミルクバージョンとかできないかしら...なんて。奥が深いコーヒーの世界で、今回の技術製法がどのように活きるのか...引き続き注目しましょう。


source: Martin Luther University of Halle-Wittenberg via New Atlas
Andrew Liszewski - Gizmodo US [原文]

(Rina Fukazu)