ここから本文です

トロロッソ、来季はホンダPU搭載「一丸となって挑戦すれば、必ず成果に繋がる」

9/15(金) 20:31配信

motorsport.com 日本版

 マクラーレンとの関係解消に引き続き、ホンダはトロロッソとの来季からのパワーユニット供給契約を締結したことを明らかにした。トロロッソも同時に、ホンダとの契約締結を発表している。この契約により、トロロッソは来季、ホンダのワークスチームとして、シーズンを戦うことになるという。

【写真】シンガポールGPのパドックで握手を交わす、マクラーレンのブーリエとトロロッソのサインツJr.

 トロロッソへのパワーユニット供給開始について、ホンダの八郷隆弘代表取締役社長は次のように語っている。

「トロロッソは、才能あるドライバーを数多く輩出してきた若さと勢いのあるチームで、彼らと共にチャレンジできることを、とても嬉しく思います。また、このパートナーシップの実現に向け、ご協力をいただいたリバティメディアとFIAに対して感謝を申し上げます」

「ファンの皆さまの期待に応えられるよう、トロ・ロッソと共にチーム一丸となって戦ってまいりますので、応援をよろしくお願いいたします」

 またトロロッソのチーム代表であるフランツ・トストも、次のようにコメントを寄せた。

「Hondaと共にレースができることを、チーム全員がとても楽しみにしています。Hondaの創業者、本田宗一郎さんが二輪車で初めてレースの世界に入って以来、レースは常に彼らの企業文化の中心です。そのHondaと我々が一丸となってチャレンジすれば、大きな成果につながるのは間違いありません」

「HondaのF1活動には、初参戦した1964年から始まる長い歴史があり、エンジンサプライヤーとして5回のドライバーズタイトルと、6回のコンストラクターズタイトルを獲得しました。このHondaの伝統と実力をもってすれば、我々の未来は実りあるものになると確信しています」

 契約期間は明示されていないが、情報によると2020年までの3年間であると考えられている。またトロロッソは、今季限りでカルロス・サインツJr.がチームを離れることも発表。サインツJr.は来季ルノーでF1参戦することになった。