ここから本文です

F1シンガポールGP FP2:初日最速はリカルド。マクラーレン・ホンダ勢は6、7番手と好調な出だし

9/15(金) 23:25配信

オートスポーツweb

 F1シンガポールGP、午後8時半からスタートしたFP2は、コース全周がカクテルライトに照らされた見慣れた光景が戻ってきた。とはいえ気温、路面温度は昼間とほぼ変わらず、29℃、31℃。ほぼ無風、湿度70%というコンディションだ。  

 FP1前に来季からのルノー移籍が発表されたカルロス・サインツJr.が、まずは暫定トップタイム。しかしすぐにニコ・ヒュルケンベルグ、ストフェル・バンドーンらが次々にタイムを更新して行く。最終コーナーまで最速だったバルテリ・ボッタスが大きくコースをはみ出すミスを犯す一方、スーパーソフトを履いたダニエル・リカルドはFP1の自己ベストとほぼ同タイムをいきなり叩き出し、一気にトップに躍り出た。

 リカルドの勢いは止まらず、1分42秒166までタイムを縮める。するとマックス・フェルスタッペンが同じスーパーソフトでコンマ089秒しのぐトップタイム。FP1同様、レッドブルドライバー同士の最速タイムの応酬が始まった。

 一方ルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルは、今回最も固いソフトをコンパウンドをともに装着。ハミルトンがフェルスタッペンからコンマ4秒差の3番手に付けたのに対し、4番手のベッテルは1秒以上の差を付けられている。

 開始後30分前後にはトップ3強を始め、大部分のマシンがウルトラソフトに履き替えた。真っ先に1分41秒台に突入したのはハミルトン。

 暫定トップだったフェルスタッペンにコンマ5秒以上の差を付けるが、直後にリカルドが1分41秒222のタイムでトップを奪い返した。


 さらにリカルドは12周目には軽々と1分40秒台に突入。ハミルトンを抜いて2番手に上がっていたフェルスタッペンに、コンマ5秒以上の差を付けた。

 トップ3では最も遅くウルトラソフトを履いたフェラーリ勢。ベッテルはセクター1で最速だったが、マーカス・エリクソンに引っかかり、さらに最終コーナーをミスをして4番手。キミ・ライコネンはマシンバランスが決まらず、トップから約2秒落ちの9番手に留まっている。

 セッション中盤の9時14分、ベッテルがリヤからバリアに接触。ロレックスの看板が剥がれ落ちたため、VSCが導入された。この時点でトップ1-2はリカルド、フェルスタッペン。ハミルトン、ボッタスが続き、5番手はヒュルケンベルグ。バンドーン、フェルナンド・アロンソのマクラーレン・ホンダ勢が6、7番手に続き、午前中の好調をキープしている。

 対照的にフェラーリはライコネン9番手、ベッテル11番手と、少なくとも一発の速さに限っては期待外れの結果だ。

 残り30分は、ほぼ全車がウルトラソフトでロングランの周回を重ねる。リカルド、ハミルトンがコンスタントに1分46秒台のペースで走り続けていたのに対し、ベッテルは1分47秒台をなかなか切れず。レースペースでも不安を残す初日となった。

[オートスポーツweb ]