ここから本文です

台風18号が週末に長野県内接近へ・大雨や暴風などに警戒を

9/15(金) 20:03配信

SBC信越放送

台風18号が週末に長野県内接近へ・大雨や暴風などに警戒を

台風18号は、長野県内にはあさっての夜遅く以降に最も接近する見込みで、気象台が警戒を呼びかけています。
非常に強い台風18号は東シナ海を北上しており、このあと九州に上陸して西日本を通って日本海に進む見込みです。
県内にはあさって17日の夜遅くから18日の朝にかけて、最も接近すると予想されています。
あすの昼頃から秋雨前線の影響で雨が降り始め、あす午後6時からの24時間の降水量は多いところで200ミリと予想されています。
ピークは台風が最接近する17日の夜遅くから18日の朝にかけてで、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに警戒が必要です。
また最大風速は17~20メートル、最大瞬間風速は30~35メートルと予想されています。
長野地方気象台の佐藤義之気象情報官は「過去にもあったが、日本海を通過するような台風によって農作物への大きな被害が何回も発生している、取れる限りの対策をしておく方が良い」と話していました。

最終更新:9/15(金) 21:08
SBC信越放送