ここから本文です

『ときめきアイドル』の候補生たちが『究極戦隊ダダンダーン』や「ツイPARA」の曲を熱唱か!? 気になるCDを無料配布

9/16(土) 12:45配信

インサイド

コナミデジタルエンタテインメントが、新作モバイルゲーム『ときめきアイドル』を9月15日に電撃発表し、注目を集めました。

一大ブームを巻き起こした『ときめきメモリアル』シリーズの新展開として発表された本作は、音楽学院に在籍する個性豊かな“アイドル候補生”15名と共に夢の舞台を目指す、学園型アイドルコミュニケーションゲームです。

この新たな発表に多くのゲームファンが驚きましたが、まだゲーム内容などの詳細は秘められたまま。「東京ゲームショウ2017」のKONAMIブースにて、24日に『ときめきアイドル』出演声優陣がゲストとして登場するステージイベントが実施されるので、その場で更なる情報が飛び出すのかもしれません。

ですが、現在公開されている情報の中に、気になる要素が既にいくつもあります。まずは、公式サイトに記載済みのアイドル候補生のひとり「片桐奈々菜」。彼女は、初代『ときめきメモリアル』の登場人物「片桐彩子」と同じ名字なので、気になるユーザーも少なくなさそうです。奈々菜のキャラクター紹介には、「不思議な言い回しは心の師匠の影響とか」といった一文があるのも見逃せません。

また、候補生のひとり「伊澄いずみ」の目標は、国民的ゲームアイドルになることで、「トップゲームアイドルになって、グラディウスの続編を作る」という野望を持っています。あの名作STGの続編を待つファンならば、彼女の意気込みに共感を覚えることでしょう。

更に「東京ゲームショウ2017」にて、本作の楽曲を収録したCDの無料配布を予定しており、収録される曲も公開済み。その中に、アーケード向け格闘アクションゲーム『究極戦隊ダダンダーン』のテーマ曲「闘え!ダダンダーン」を連想させる「闘え!ダダンダーンV」や、ラジオ番組「ツインビーPARADISE」内で使用された「Twin memories」と関係ありそうな「Twin memories W」といった曲が含まれています。

ちなみに、無料配布CDに収録されている曲の中で、「闘え!ダダンダーンV」と「Twin memories W」のみ、コナミ矩形波倶楽部が関わっています。更に「Twin memories W」の作詞は、「Twin memories」と同じくWINBEEが担当。それぞれ、かつてのコンテンツと関連する可能性は高そうです。

『ときめきアイドル』がどのようなゲームで、いかなる楽曲が展開していくのか。その全てが明らかになるのはまだ少し先の話ですが、コナミのこれまでの作品やコンテンツの楽曲が盛り込まれる一作になるのかもしれません。期待に胸を膨らませながら、続報を待ちましょう。

東京ゲームショウ2017で無料配布するCDの収録曲を公開!DREAMING-ING!!、Jewelry days、ハルイチバン、Twin memories W、闘え!ダダンダーンV、しゃかりきリレーション、invisible rain#ときめきアイドル#TGS2017 pic.twitter.com/GVkBbaEaOV— ときめきアイドル公式 (@tokimekiidol573) 2017年9月15日
(C)Konami Digital Entertainment (C)2017 Konami Digital Entertainment

最終更新:9/16(土) 12:45
インサイド

Yahoo!ニュースからのお知らせ