ここから本文です

台風18号 九州上陸へ 交通機関に影響 豪雨の被災地では準備すすむ

9/16(土) 12:00配信

TNCテレビ西日本

テレビ西日本

大型で強い台風18号は17日、九州に上陸する恐れがあり、福岡県内でも交通機関への影響が出はじめています。

福岡空港を発着する空の便は、午後から宮崎や天草など、あわせて10便の欠航が決まっているほか、天候調査中や遅れが出ている便もあります。

また、博多と韓国プサンを結ぶ高速船は終日、条件付きの運航となっています。

鉄道は、いまのところ影響は出ていませんが、台風が接近するあすは、大きな乱れが出ると予想されています。

一方、豪雨の被災地朝倉市では台風に備えて災害ゴミが飛ばないようネットが被せられたほか、被災した自宅のブルーシートを確認する人も見られました。

朝倉市は16日と17日のボランティア受け入れを中止し、台風の影響次第では早めに避難情報を出すことも検討しているということです。

台風18号は17日、九州に上陸する恐れがあり、今後の台風情報に注意して下さい。

テレビ西日本

最終更新:9/16(土) 19:55
TNCテレビ西日本