ここから本文です

カールツァイスレンズ搭載 見た目もデジカメな「705NK」(懐かしのケータイ)

9/16(土) 10:10配信

ITmedia Mobile

 ITmedia Mobile編集部で発掘された、思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、ソフトバンクモバイル(現・ソフトバンク)のノキア製ケータイ「SoftBank 705NK」です。

【カメラにはカールツァイス(Carl Zeiss)製レンズを採用】

 705NKは320万画素のカメラにドイツのカールツァイス(Carl Zeiss)製のレンズを採用したストレート端末で、ソフトバンク端末としては初めてGSMの4バンド(850/900/1800/1900MHz帯)に対応した端末です。

 背面のスライド式レンズカバーを開くとカメラが起動したり、シャッターは側面のシャッターキーだけで切れたり、ISO感度の設定ができたりと、外観も機能もデジカメ色の強い製品でした。

 国際ローミングでは通信事業者の自動選択機能を備え、渡航先でも特に設定を変更することなく利用できました。また、海外でも利用可能なFMラジオチューナーも搭載していました。

 OSには「Symbian OS S60 3rd Edition」を採用。フルブラウザアプリ「Nokia Web Browser」でPCサイトを閲覧したり、ドキュメントビューアーアプリでWordやExcelなどのOfficeファイルを確認したりできました。また、Symbian認定のアプリをインストールして機能を拡張することができ、スマホとしての機能も備えていました。

「705NK」の主な仕様

・発売日:2007年1月13日
・キャリア:ソフトバンクモバイル
・メーカー:Nokia
・サイズ:約49(幅)×110(高さ)×19(奥行き)mm
・重量:約116g
・メインディスプレイ:2.4型(320×240ピクセル)TFT液晶 26万色
・アウトカメラ:有効約320万画素CMOS
・インカメラ:有効約30万画素CMOS
・ボディーカラー:ディーププラム、ライトサンド、メタリックレッド、コーラルピンク

最終更新:9/16(土) 10:10
ITmedia Mobile