ここから本文です

陶芸家とファン交流 笠間焼、5工房を開放 18日まで

9/16(土) 4:00配信

茨城新聞クロスアイ

笠間焼の陶芸家が仕事場や庭先を開放し、陶芸ファンと触れ合うイベント「第8回オープン・アトリエ陶の里」が15日、笠間市手越地区にある五つの工房で始まった。普段は開放していない工房を見学できるほか、山里の風景を楽しむことができる。

公開しているのは「風の窯」「八十島窯」「CRAFT・K」「大野陶房」「樹窯」の5工房。オープン・アトリエの取り組みは東日本大震災の前年からスタートし、登り窯が破損するなどの被害を受けたが、震災を乗り越えて8回目を迎えた。

手越地区は50年近く前から陶芸家が集う「陶の里」の愛称で知られる。「風の窯」の陶芸家、新井倫彦(みちひこ)さん(70)は「震災を乗り越えたことでそれぞれの陶芸家も自信になった。震災後、販売が落ち込み、工芸は今、厳しい時代だが、積極的に地域活性化を図っていきたい」と話す。

「八十島窯」の八十島海斗さん(37)は陶芸家の両親の下で彫刻や陶芸の道に進んだ。「陶芸家の普段の生活を見てもらえれば」と話し、来訪者の対応に当たっていた。「樹窯」の酒井芳樹さん(67)は「山里の空気を感じて、ゆったりとした時間を過ごしてほしい」と来訪を呼び掛ける。

会期は18日まで。開放時間は午前10時~午後4時。詳しい問い合わせは風の窯(電)0296(72)5785。

同市内ではこの時期、同様の工房開放イベントが各地で開催される。「里山の工房や庭をめぐる宝探し南吉原オープンギャラリーVol・8」は16、17日午前10時~午後4時、南吉原地区の陶工房を一般公開。陶器、染色、木工品など幅広い工房や庭を見学できる。「GARAGE PICNIC BAZAAR(ガラジ・ピクニック・バザール)」は17、18日午前10時~午後5時(18日は4時)、上加賀田のアトリエで陶芸やガラス、木工などの作家たちが作品を展示販売する。 (大高茂樹)

茨城新聞社