ここから本文です

早くもインフルの季節 滋賀で今季初、AH1型検出

9/16(土) 9:00配信

京都新聞

 滋賀県は15日、今季県内初のインフルエンザウイルスを草津保健所管内の患者1人から検出したと発表した。昨季より1カ月半早い。冬に向かって流行の可能性があるとして、手洗いやうがいの徹底を呼び掛けている。
 医療機関を受診した患者のうがい液を県衛生科学センターで遺伝子検査し、2009年に流行したAH1型を検出した。県によると、11月1日にインフルエンザウイルスを初検出した昨季は同24日に流行期に入っており、初検出が12月2日だった一昨年は流行期入りが年明けの1月7日だった。

最終更新:9/16(土) 9:00
京都新聞