ここから本文です

レイシュマン単独首位守る 松山英樹は47位に浮上

9/16(土) 8:25配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇米国男子プレーオフ第3戦◇BMW選手権 2日目(15日)◇コンウェイファームズGC(イリノイ州)◇7208yd(パー71)

【写真】グリーン上で天を仰ぐ松山英樹

初日に「62」を記録したマーク・レイシュマン(オーストラリア)が8バーディ、1ボギーの「64」とさらにスコアを伸ばし、通算16アンダーとして単独首位の座をキープした。

プレーオフ第2戦「デルテクノロジーズ選手権」で3位に入ったレイシュマンのフェデックスカップポイントランキングは現在7位。3月の「アーノルド・パーマー招待」以来の今季2勝目に向け、最高の位置でトーナメントを折り返した。

3打差の2位に17番(パー3)でホールインワンを記録したジェイソン・デイ(オーストラリア)と、レイシュマンと同じこの日のベストスコア「64」で回ったリッキー・ファウラーがつけた。

ポイントランキングでトップを走るジョーダン・スピースは5位タイから出て、通算7アンダー12位タイに後退した。

1オーバー56位タイから出た松山英樹は5バーディ、2ボギーの「68」で回り、通算2アンダーの47位タイに順位を上げた。