ここから本文です

HSVがアウェーで昇格組ハノーファーに敗れる…酒井高徳は途中出場

9/16(土) 11:12配信

GOAL

現地時間15日、ブンデスリーガ第4節ハノーファーvsハンブルガーSVが行われた。この試合では日本代表DF酒井高徳はベンチスタートとなった。

2部から昇格したハノーファーが試合の主導権を握る展開となり、50分にマルティン・ハルニクが先制ゴールを決めた。82分にハノーファーは追加点を記録し、2点ビハインドとなった86分にハンブルガーSVは酒井を投入するも、試合はこのまま2-0でフルタイムを迎えている。

これでハノーファーは4試合を消化して3勝1分けとなり、勝ち点を10の伸ばして暫定首位に立っている。一方のハンブルガーSVは開幕2連勝のあと2連敗となり、勝ち点6のまま変わらなかった。

GOAL

最終更新:9/16(土) 11:12
GOAL