ここから本文です

「ハガレン」東京国際映画祭のオープニング作に!日本のマンガ原作では史上初

9/16(土) 6:00配信

コミックナタリー

荒川弘原作による実写映画「鋼の錬金術師」が、10月25日から東京・六本木ヒルズ、EX THEATER ROPPONGIなどで開催される第30回東京国際映画祭のオープニング上映作品に決定した。

【写真】映画「鋼の錬金術師」場面写真(他14枚)

日本で唯一、国際映画製作者連盟が公認する国際映画祭としてアジアの映画産業、文化振興に努めてきた東京国際映画祭。オープニング作品で邦画が上映されるのは10年ぶりで、日本のマンガ原作の映画では史上初のこととなる。

同映画祭の運営事務局は「『鋼の錬金術師』は、日本映画が世界に向けて、大きく可能性を広げる作品です。これまでは映像化できなかった、完成度の高いストーリーや世界観からなるマンガやアニメのポップカルチャーを、自分たちの手で映像化し世界に向けて大きく発信できる、ということを証明する、大きな分岐点であると思います」とコメント。曽利文彦監督は「日本映画の最新作の1作品として、日本のコンテンツパワーや日本映画のクオリティや技術を国内はもちろん、海外の方々にも広くアピールできることを心から願っています」と抱負を述べた。

「鋼の錬金術師」は2001年から2010年にかけて、月刊少年ガンガン(スクウェア・エニックス)にて連載された作品。幼き日に最愛の母親を亡くした国家錬金術師のエドワードと、その弟・アルフォンスの波乱に満ちた冒険と成長を描く。映画は12月1日にロードショー。

映画「鋼の錬金術師」
2017年12月1日(金)全国ロードショー

スタッフ
監督:曽利文彦
原作:「鋼の錬金術師」荒川弘(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
エグゼクティブ・プロデューサー:濱名一哉

キャスト
エド:山田涼介
ウィンリィ:本田翼
マスタング:ディーン・フジオカ
ホークアイ:蓮佛美沙子
エンヴィー:本郷奏多
マルコー:國村隼
コーネロ:石丸謙二郎
グレイシア・ヒューズ:原田夏希
グラトニー:内山信二
ロス:夏菜
タッカー:大泉洋(特別出演)
マース・ヒューズ:佐藤隆太
ハクロ:小日向文世
ラスト:松雪泰子

(c)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (c)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会