ここから本文です

長澤まさみの魅力は「煮え切らなさ」 黒沢清監督が明言

9/16(土) 11:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 劇作家・前川知大率いる劇団「イキウメ」の人気舞台を映画化した「散歩する侵略者」の公開記念トークイベントが9月15日、東京・新宿ピカデリーで行われ、主演の長澤まさみと黒沢清監督が出席した。

「散歩する侵略者」トークイベントの模様はこちら!

 人間の“概念”を奪いながら、地球侵略を進める侵略者たちの不気味な暗躍を背景に、夫を侵略者に乗っ取られた妻・鳴海(長澤)が、それでも愛を貫こうと葛藤する姿を描くSFエンタテインメント。松田龍平が、鳴海に「地球を侵略しに来た」と告白する夫の真治を演じ、長澤と初共演。来月開催される第22回釜山国際映画祭「アジア映画の窓」部門に正式招待されている。

 長澤は「監督は撮っていくのが早いので、油断していると撮影がどんどん進み、終わってしまう。そのペースに負けないように、お芝居を準備しなければというプレッシャーが日々あった」と初タッグを組んだ黒沢監督の現場を回想。「龍平くんから『黒沢監督は、一発本番らしいよ』って聞いていたので、良かったです」と“夫”からの助言も明かした。

 一方、黒沢監督は「とにかく芝居がうまい女優さんでした。現場で何をやるべきか、何を望まれているか、瞬時に理解して、あっという言う間にすばらしいお芝居に到達できる」と長澤を絶賛。「衣装合わせや打ち合わせのときは、『はい…、やってみます…』って、どこか煮え切らない感じで(笑)。最初は僕のほうが不安で、ビクビクしていたんですけど、この煮え切らなさが独特な魅力だとわかった」と振り返った。

 そんな黒沢監督の発言には、長澤も思わず苦笑いで「昔から『やる気がなさそう』『怒っているの?』ってよく言われて。自分の感情を人に伝えるのが、恥ずかしいタイプで…」と釈明していた。

 「散歩する侵略者」は公開中。

最終更新:9/16(土) 11:00
映画.com