ここから本文です

巨大な「夢」浮かぶ 入間万燈まつりPR

9/16(土) 7:55配信

産経新聞

 入間市最大のイベント「入間万燈(まんどう)まつり」(10月28、29日)をPRする巨大なイルミネーションの「夢」文字が15日、同市役所庁舎の壁面に浮かんだ。

 午後6時から点灯式が行われ、高さ約20メートルの屋上から白色LED(発光ダイオード)5500個で幅10メートル、縦20メートルにわたり「夢」の文字が描かれたイルミネーションが展示された。

 入間青年会議所が主体となって行っているもので、平成5年に同市立豊岡中学校の校庭で、108個のちょうちんを使って描かれたのが始まり。翌年から市役所で展示され、11年に豆電球で点灯。19年にLEDにリニューアルされ、今では同市の秋の風物詩になっている。

 「夢」文字は同夜、台風警戒でいったん撤去し、21日にも再展示される。10月29日まで、毎日午後5~10時に点灯される。

最終更新:9/16(土) 7:55
産経新聞