ここから本文です

斎藤工&高橋一生の登場に観客悲鳴!第10回したコメ開幕に小松政夫、萩本欽一ら結集

9/16(土) 15:12配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 東京・台東区の浅草と上野をメイン会場に、国内外のコメディ映画を特集上映する「第10回したまちコメディ映画祭in台東」(通称したコメ)が9月16日に開幕し、浅草公会堂でオープニングイベントが行われた。同所前のオレンジ通りにレッドカーペットが敷かれ、多彩なゲストが人力車に乗って結集した。

【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら

 同映画祭の開幕日は毎年晴天に恵まれていたが、第10回の節目は厚い雲が覆う生憎の空模様。小雨が降る時間帯があったものの、総合プロデューサー・いとうせいこうは「今年もなんとか(天気が)もっています!」と喜んだ。

 「blank13」で長編映画監督デビューを果たした斎藤工(監督時の名義は齊藤工)と、主演した高橋一生の登場には、沿道の見物客から大歓声が上がる。2人が観客とハイタッチを交わすと、悲鳴に近い声援があたりを包み込んだ。その後も共演の神野三鈴、金子ノブアキとともにサインや写真撮影に応じるなど、ファンサービスに徹しイベントを盛り上げた。

 コメディ栄誉賞を受賞した小松政夫は、いとうに対し「どんどん(規模が)大きくなっている。あんたはエライ! ようやる、ようやる、ようやるゼリー!」とおなじみのギャグを連発。ドキュメンタリー「We Love Television?」が上映される萩本欽一は、「映画祭だから、久しぶりにタキシードを着てきましたが、よく見ると誰もタキシードを着ていない」と苦笑い。監督を務めた土屋敏男から「萩本さんはこの映画を見ていないんです」とバラされると、萩本は「おそろしくて見れない。見たくもないし、なるべく見ないでほしい(笑)。自分が知らないで、作られた映画だから」と頭を掻いた。

 公会堂内に場所を移したセレモニーでも、映画コメンテーターのLiLiCoが高橋を触ろうとしたり、萩本らが齊藤監督の服装を「ハリー・ポッター」といじるなど和やかな雰囲気に。自作がオープニング上映される齊藤監督は「大先輩方の上がるステージに、自分の作品で、こんな素晴らしいキャスト、音楽の金子くんたちと戻ってくることが出来て嬉しい」と感慨深げに挨拶した。そして、いとうが開会を宣言すると、万雷の拍手が送られていた。

 登場したゲストは、たいとう観光大使・したコメ応援人の友吉鶴心、ロケット団、昭和こいる、「男おばさん」の軽部真一アナと笠井信輔アナ、メインビジュアルを手がけた漫画家・いがらしみきお氏、「野良スコ」の内山勇士監督とコタロー、「ヨスの夜の海」のチョン・ヒョンソク監督ら。なお、いがらし氏といとうは、今回の映画祭を通じて遠縁の親戚であることが発覚したという。第10回したまちコメディ映画祭in台東は、9月18日まで開催。

最終更新:9/16(土) 15:12
映画.com