ここから本文です

【新日本キック】江幡睦、WKBA初防衛戦で元ルンピニーランカーと激突

9/16(土) 12:33配信

イーファイト

 9月17日(日)東京・後楽園ホールで開催される格闘技イベント『TITANS NEOS 22』の全対戦カードが発表された。

【フォト】パンチで畳み掛ける江幡

 メインイベントではWKBA世界バンタム級タイトルマッチで王者・江幡睦(伊原道場本部)がマフアンレック・チョー・ノー・パタルン(タイ)を挑戦者に迎えて初防衛戦を行う。江幡は弟の塁と共にズバ抜けた攻撃力を誇り、兄弟で“打倒ムエタイ”を掲げラジャダムナンのタイトルを狙う。2015年9月にWKBA王座を獲得。今年4月の後楽園大会では、元タイ南部ライトフライ級王者のアヌチットを強烈なボディブローでKOし、現在6連勝を誇る。今回の相手マフアンレックは元ルンピニースタジアムライトフライ級1位。

 塁は12月10日(日)東京・両国国技館で開催される『KING OF KNOCK OUT 2017 両国国技館』出場が決定。小野寺力プロデューサーは「タイミングが合えば睦選手にも出てきていただきたい。実現に漕ぎ着けたいと思います」と睦にもラブコールを送っており、今回の結果次第では12月のKNOCK OUTに兄弟揃っての参戦となるのか。江幡兄の動向に注目が集まる。

最終更新:9/16(土) 12:33
イーファイト