ここから本文です

【K-1】バチバチ強打者対決、”豪腕”大和哲也vs Krush王者・中澤純が決定

9/16(土) 14:50配信

イーファイト

 11月23日(木・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~初代ヘビー級王座決定トーナメント~』の記者会見が都内で行われ、すでに発表されていたトーナメント以外のスーパーファイト3試合のカードが発表された。

【フォト】左右田との壮絶な打撃戦を制し、初防衛に成功した中澤

 スーパー・ライト級のスーパーファイト、大和哲也(29= 大和ジム)vs Krush -65kg王者・中澤純(27=TEAM Aimhigh)が決定。

 プロキャリア12年の大ベテランでWBCムエタイ世界スーパー・ライト級王座など数々のタイトルを手にした大和は、4月のK-1代々木大会でHIROYAを左フックでマットに沈めており、過去にはムエタイルールで現K-1スーパー・ライト級王者・野杁正明を破ったこともある実力者だ。前回のKrush名古屋大会でもアンゴラ出身のエルソン・パトリックにKO勝利している。

 対する中澤はK-1甲子園2015王者の篠原悠人をKOし、ベテラン・小宮山由紀博を接戦で破ってK-1-65㎏級トーナメントで優勝した選手。8月の初防衛戦では、左右田泰臣と激しい打ち合いの末、判定防衛に成功しており、現在6連勝中だ。

 中澤は「今回、やっとK-1が決まって、ヨッシャ! と思いました。こっからが新しいスタート。熱い試合になります!」と熱闘宣言。

 対する大和は「愛を知る県、愛知県から来た大和哲也です」と佐藤嘉洋の決まり文句をまねて挨拶し、「前回のK-1さいたま大会では、観戦していたので、今回出れて嬉しいです。相手はオールラウンダーで、前回はバチバチのKrushらしい激しい試合を見せた選手。とても強いと思います」と中澤の強さを認める。

 中澤も大和について「オールラウンダーで、ヒザ、パンチ、ボディ、ローも強い。だから楽しみ。元々面識があったんですが、その時の自分は彼と差があった。でも今はこうして隣にいられて嬉しい」と、自分が実力を上げて大和と同じ高さまで上がってきた、と語った。

 勝負のポイントは、と尋ねられると中澤は「まだあまり対策を考えてないが、大和選手の癖はちょっとわかるんで、その弱点を突けば勝てる」と、すでにウィークポイントを発見したという。

 これに大和は青ざめ「今、それを聞いてちょっとドキッとしました。癖を直したいです」と言って笑わせた。

 今回の試合に勝った後の目標は、と問われ、大和が「‐65㎏級のベルトです。ここで日本人対決にキッチリ勝って、タイトルに近づけるようにしたい」と言うと、中澤も「チャンピオンになるために格闘技をやってるんで、しっかり倒してタイトルマッチに行きたい」とKO勝利してタイトル挑戦を目指すと答えた。

 オールラウンダーにして強打者同士の一戦となっている。

最終更新:9/16(土) 14:50
イーファイト