ここから本文です

阪神、2位死守へミス撲滅徹底!金本監督「甲子園でCSやらないとあかん」

9/16(土) 7:00配信

サンケイスポーツ

 阪神は15日、甲子園で若手および先発投手を中心とした指名練習を行った。首位広島の優勝マジックは「1」でVは絶望的な状況。金本知憲監督(49)はクライマックスシリーズ(CS)を本拠地で開催できる2位死守へ、決意を新たにした。ミスを撲滅し、短期決戦を見据えた隙のない戦いを徹底する。

 悔しがっているヒマはない。足元を見つめ直し再戦を挑む。残り13戦。モチベーションの“持ちよう”を問われた金本監督は、当然といった表情で語気を強めた。

 「まずはやっぱり2位の確保でしょ、まずは。本拠地、甲子園でCSをやらないとあかんし」

 秋風が吹く甲子園。のびのびと打球を飛ばす若虎を厳しい表情で見つめるのは、10月にもう一度、ここで戦うためだ。

 Vへは限りなく厳しい数字が並ぶが、2位フィニッシュへはあと一息。3位巨人とは5・5ゲーム差。さらに1・0ゲーム差で4位DeNAが続く。「早く決めたい。何があるかわからんから。危機感はもちろん、あるし。『ああもう2位だ』なんて楽観視していないし」と胸の内を明かす。ただでさえ残り13試合のうち3試合は巨人、5試合はDeNAが相手。巨人が残り試合を全勝すれば79勝。それを思えば極論だが、9勝4敗以上が“安全圏”となる。

 「昨日(14日)とか、その前の試合とかね。ミスがらみあったかな…。もう忘れたわ。みんな、ミスするイメージしかないから(苦笑)」

 12-14日の巨人3連戦(甲子園)は数字上の守備の失策こそ合計「3」だが、状況判断のミス、バントミス、サインミスが続々と出た。Gにトドメをさせたところで1敗2分けと取りこぼし「スキがあるわね、うちは。とにかくスキが多い。うちの選手は、まだまだ未熟」と嘆いた。

 細部を詰めていくしかない。金本監督自身、広島時代は「ミスするなと(言われて)縮こまっとった」と振り返る。それだけに抵抗もあるが、勝ち抜くために、指摘すべきことは指摘する。

 「俺はミスする(ものだ)と思っているけど『それにしても多いんちゃう』と。やっぱりのびのびやらせたいし。ミスを恐れず」

 この秋、もう一度、広島にやり返すためにも、もうスキは見せない。

 「短期決戦はミスが命取りだからね。そのワンプレーで決まってしまうから」

 がっちりと2位を死守し、その先へ進む。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/24(日) 15:05