ここから本文です

脅威への備え「圧倒的」=北朝鮮のミサイル発射非難―米大統領

9/16(土) 8:58配信

時事通信

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は15日、首都近郊の基地で米軍関係者らを前に演説し、北朝鮮の弾道ミサイル発射について「またもや近隣諸国や全世界に対し、失礼極まりない行為を見せた」と非難した。

 その上で「皆さん(米軍)の能力や取り組みを見て、(北朝鮮の)脅威に対処するわが国の選択肢が効果的かつ圧倒的だと、さらに自信を深めた」と述べた。

 トランプ氏は演説で、ロンドンのテロ事件とともに北朝鮮に言及し「米国と同盟国は決してひるまない」と強調。「われわれの生活を脅かそうとするすべてのものから、国民と国家、文明を守る」と決意を表明した。

 これに先立ちトランプ氏は、北朝鮮への対応で外交的手段は尽きたのかと記者団に問われ「そんなことはない」と応じた。 

最終更新:9/16(土) 13:06
時事通信