ここから本文です

台風接近も…吉本ひかる、プロ初勝利のために「最終日やりたい」

9/16(土) 17:44配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<山陽新聞レディースカップ 2日目◇16日◇東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ(6,351ヤード・パー72)>

フレッシュガールをリアルタイム配信!大好評のステップLIVEフォト

ステップ・アップ・ツアー第16戦「山陽新聞レディースカップ」2日目。初日3アンダー・13位タイにつけたルーキーの吉本ひかるが2つスコアを伸ばし、トータル5アンダー・4位タイに浮上。昨年の『ルートインカップ 上田丸子グランヴィリオレディース』では史上4人目(※当時、現在は5名)のステップでのアマチュア優勝を果たした吉本だが、プロ初勝利へ向けて、3打差逆転を狙う。

スタートホールの1番はいきなりピンチ。ティショットを左のラフに入れると、3番ウッドで打った2打目はグリーンを捉えることができず。3打目となった傾斜地からのアプローチではまさかの"ちゃっくり"。4オンで1.5mに寄せるも決められず、ダブルボギーとしてしまう。

一気に順位が後退したが、8番、9番で連続バーディを奪うと、後半は耐えて2バーディ・ノーボギー。台風18号の影響で朝から雨が降りしきり、午後には風の影響が大きくなった大会2日目。上位陣が停滞したなかで順位を上げる形となった。

ショット面は初日から好感触だが、パッティングに課題を残す。パットを打ち切れない状況が続いたことで、今大会前にパター変更。カーボンシャフトを試しているが、「打ち切れるようになり、(ミドルパット以上の)タッチは良くなってきましたが、ショートパットのフィーリングがまだ合いません…。変えようか迷っています」。

「山陰合同銀行 Duoカードレディース」では、プロ合格同期で同世代の勝みなみがプロ初勝利。そして勝と優勝争いしたのは同じく"黄金世代"の西畑萌香。「同期には負けたくないですね、その気持ちで頑張りたいと思っている」と語り、今季中のステップ優勝を狙う吉本にとっては大きな刺激になっただろう。

台風18号の影響で、最終日の開催は当日の天候次第だけに「すごく荒れると思うので、耐えて優勝狙いたい。(最終日は)是が非でもやりたいです」と祈っていた。

(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>