ここから本文です

真凜、首位発進の裏にまさかのハプニング…ホテルに衣装忘れていた

9/16(土) 7:36配信

デイリースポーツ

 「フィギュアスケート・USインターナショナル」(15日、ソルトレークシティー)

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、シニアデビュー戦の本田真凜(16)=大阪・関大高=は66・90点で首位発進した。

【写真】「ルックスも、強くてかっこいいところも大好き」と真凜がほおを赤らめたお相手は…

 全てのジャンプを加点がつく出来栄えで成功させ、大きなミスなく演技を終えた真凜だが、好演技の裏にはまさかのハプニングが…。

 インタビューエリアに現れると、いきなり「衣装を着替えようと思った15分前くらいに、衣装をホテルに忘れたことに気がついた」と暴露。「緊張とか、体力面の不安とか、全部吹っ飛んだので、いい演技ができたと思います」と笑った。

 演技の約5時間前に行われた公式練習に、本番衣装で参加。その後いったん宿舎に戻り、スーツケースから出して、ハンガーに掛けたというのだが、それが裏目に出てしまった。衣装が届いたのは6分間練習の3分前。「衣装がちゃんと届いたのがうれしくて」と、曲名の通り「スマイル」全開で演じきった。