ここから本文です

松本山雅と岐阜、長崎が今季初の4連勝…讃岐は8試合ぶり黒星/J2リーグ第33節

9/16(土) 21:23配信

GOAL

明治安田生命J2リーグ第33節が9月16日、8試合行われた。

前節、16試合ぶりの白星を挙げたザスパクサツ群馬は、松本山雅FCと対戦。43分に松本FW高崎寛之に先制ゴールを許すと、後半にも2失点。群馬が0-3で敗れ、5月以来となる連勝とはならなかった。松本は今季初の4連勝。

徳島ヴォルティスとファジアーノ岡山の対戦は撃ち合いとなった。2-2で試合を折り返すと、62分に徳島のFW山﨑凌吾が3試合連続ゴールで勝ち越す。追いかける岡山は84分にMF関戸健二が同点ゴールを奪い、3-3のドローに終わった。岡山は3戦連続のドロー。

ジェフユナイテッド千葉は42分にMF矢田旭、50分にMF為田大貴が決めて2点をリード。対する水戸ホーリーホックは70分にFW前田大然の3試合連続ゴールとなる今季12得点目で1点を返すも、結果は2-1で千葉の勝利。千葉は6試合ぶりの白星で、水戸は5試合勝ちがない。

FC町田ゼルビアはモンテディオ山形と対戦。町田・髙原寿康、山形・児玉剛の両GKが再三のファインセーブを披露するなど、両チームに得点は生まれず、スコアレスドロー。山形は5試合連続のドローとなった。

横浜FCは0-0で迎えた72分、MF野崎陽介のゴールで先制に成功。しかし84分、FW高木善朗の同点ゴールで東京ヴェルディが追いついた。試合は1-1で引き分け。

レノファ山口FCは39分、FWレオナルド・ラモスがレッドカードで退場。1人少ない状態で終盤まで耐え続けたが、90分に失点を喫して力尽きた。0-1でFC岐阜に敗れ連敗。岐阜は今季初の4連勝となった。

首位を走る湘南ベルマーレは32分、DFアンドレ・バイアのゴールで幸先良く先制。この1点を守り、1-0でカマタマーレ讃岐を下した。湘南は勝ち点を70に伸ばし、讃岐は8試合ぶりの黒星。

ともに3連勝中の大分トリニータとV・ファーレン長崎の対戦は、17分にPKで大分が先制。しかし48分、FWファンマのゴールで長崎が追いついた。さらに86分、ファンマが2得点目を決めて逆転。2-1で長崎が勝ち、今季初の4連勝。大分は5試合ぶりの敗戦となった。

試合結果は以下の通り。残りの3試合は17日と18日に行われる。なお、愛媛FCと京都サンガF.C.の一戦は台風による中止が決まっており、代替試合の日程は後日発表される。

明治安田生命J2リーグ第32節

9月16日

松本山雅FC 3-0 ザスパクサツ群馬

徳島ヴォルティス 3-3 ファジアーノ岡山

ジェフユナイテッド千葉 2-1 水戸ホーリーホック

FC町田ゼルビア 0-0 モンテディオ山形

横浜FC 1-1 東京ヴェルディ

レノファ山口FC 0-1 FC岐阜

湘南ベルマーレ 1-0 カマタマーレ讃岐

大分トリニータ 1-2 V・ファーレン長崎

9月17日

ツエーゲン金沢 vs 名古屋グランパス

愛媛FC vs 京都サンガF.C.(中止、代替日未定)

9月18日

ロアッソ熊本 vs アビスパ福岡

GOAL

最終更新:9/16(土) 21:23
GOAL