ここから本文です

横浜FM、齋藤の今季初ゴールを守り切れず…柏との上位対決はドロー/J1リーグ第26節

9/16(土) 22:02配信

GOAL

■J1第26節 横浜FM 1-1 柏

横浜FM:齋藤学(9分)
柏:クリスティアーノ(88分)

【動画】上位直接対決はドロー決着…横浜FMvs柏のゴール動画

明治安田生命J1リーグ第26節が16日に行われ、日産スタジアムでは横浜FMと柏レイソルが対戦。試合は1-1の引き分けに終わっている。

横浜FMは前節、川崎フロンターレとの神奈川ダービーに敗れて15試合ぶりの黒星を喫した。リーグ最少失点の堅守を武器に安定した戦いを演じていたが、ライバルに0-3と成す術なく敗れた。2位から5位に転落したものの、首位鹿島との勝ち点差は8。優勝戦線に残るためにも、順位が近い柏相手に勝利を収めておきたいところだ。この試合では前節から4名を入れ替えた。金井貢史と中町公祐は6試合ぶりの先発。パク・ジョンスは8試合ぶりのスタメンとなった。山中亮輔は昨季まで在籍していた古巣との対戦となる。

対する柏は、現在7試合無敗中。前節は浦和に2-1と競り勝ち3位に浮上。首位の鹿島との勝ち点差は6と逆転での優勝へ向けて上の2チームに食らいついていきたい。スタメンには、出場停止明けの中谷進之介が復帰。ディエゴ・オリヴェイラに代わってキム・ボギョンがトップ下で先発出場を果たした。

試合はいきなり動く。9分、山中のクロスのこぼれ球を齋藤学が右足を振り抜くと、サイドネットの内側に突き刺さり、横浜FMが先制する。この試合でJ1通算200試合出場を達成した齋藤。記念すべき一戦で今季初ゴールを決めてみせた。

試合は18分、柏のクリスティアーノがパク・ジョンスとの競り合いで頭部から出血。幸い異常はなく、ユニフォームを着替えてプレーに復帰した。

そのクリスティアーノがチャンスを作る。23分、ハモン・ロペスのクロスを、クリスティアーノがダイレクトで合わせるも、枠を外してしまう。さらに27分、今度はハモン・ロペスがPA手前から左足を振り抜く。しかし、これも枠を外してしまう。柏が追い上げを見せたが結局同点にはできず。横浜FMの1点リードで前半を折り返す。

柏は後半、小林祐介を下げて前節ゴールを挙げた武富孝介を投入。武富はクリスティアーノと2トップを形成し、トップ下のキム・ボギョンがボランチの位置に下がった。

柏は前半同様、クリスティアーノとハモン・ロペスがゴールに迫るも、間際でリーグ最少失点を誇る横浜FM守備陣がブロック。得点に結び付けられない。こう着状態が続いたが、82分にハモン・ロペスは左足でシュートを放って勢いをもたらすと、88分に遂に柏にゴールが生まれる。キム・ボギョンがファウルを受けてFKを得ると、キッカーのクリスティアーノが直接ゴールに突き刺して同点。

終盤に同点に追いついて息を吹き返した柏が、その後ゴールに迫ったが逆転ゴールは奪えず。上位対決は1-1の引き分けに終わっている。

GOAL

最終更新:9/16(土) 22:02
GOAL