ここから本文です

台風18号、17日夜に京都最接近 土砂災害が高波警戒

9/16(土) 23:17配信

京都新聞

 京都地方気象台によると、強い勢力を維持した台風18号は17日夜の始めから遅くにかけて京都府内に最接近する見込み。
 府内では17日昼前から強い雨が降り、夕方には暴風域に入って局地的に非常に激しい降雨が予測される。24時間降水量は府内の多いところで、17日午後6時までが100ミリ、18日午後6時までは100~200ミリ。17日の最大風速は陸上で25メートル、海上で30メートルと予想している。
 同気象台は、河川の増水や氾濫による浸水害をはじめ、土砂災害や高波に注意を呼び掛けている。

最終更新:9/16(土) 23:17
京都新聞