ここから本文です

早実新チームに保護者も渋い表情「清宮君の抜けた穴は想像以上」

9/16(土) 19:26配信

東スポWeb

 高校野球秋季東京大会は16日、王貞治記念球場で地区予選が行われ、早実が10―4で日大鶴ヶ丘を破り本大会出場を決めた。進路が注目される前主将の清宮幸太郎は姿を見せなかった。

 苦しい展開だったが、6回に流れが変わる。代打・長谷川が反撃の口火を切る適時二塁打を放つと、7回には打者一巡の猛攻で5得点した。

 結果的には大差で地区予選を勝ち上がった新チームだが、一方で課題も浮き彫りになった。初陣となった10日の小山台戦では11安打8得点ながら、長打は0。この日も3番・野村、4番・齋藤の中軸2人で計6打数1安打と、長打力不足は否めない。観戦した保護者の一人は「去年と比べると打線は小粒。清宮君の抜けた穴は想像以上」と渋い表情だ。

「個人的にはヒットの数があまり出てない。主将としては去年の清宮さんに学ぶところが多いので、これから自分の色を出していけたら」と語った新主将の野村。怪物の抜けた穴を埋められるか。

最終更新:9/16(土) 19:26
東スポWeb