ここから本文です

WWE中邑真輔も高山善廣を支援「同志であり先輩であり兄貴。できることを今している」

9/16(土) 14:05配信

デイリースポーツ

 米国の世界最大手プロレス団体WWEで活躍する元新日本プロレスの中邑真輔(37)が16日、頸髄(けいずい)完全損傷でリハビリ中の高山善廣(50)の支援に動いていることを明かした。同日のエディオンアリーナ大阪公演の前に行われたインタビューで話した。

 中邑は高山とは新日本の東京ドーム大会で2度対戦するなど激闘をくり広げ、高山のヒザ蹴りの影響を受けてキンシャサを必殺技にするなど、切磋琢磨した間柄。

 この日、中邑は高山に関する質問が出ると、「高山選手は自分がレスラーとして育っていく上でたたき上げてくれたというか、同志であり、先輩であり、アニキみたいな存在」と神妙な面持ちでコメントした。

 続けて「戦っておられる高山選手、ご家族のためにできることを今している最中です」と、支援に動いていることを明言。過去に高山は脳梗塞から復帰したこともあり、「一度地獄の淵から帰ってきた男なので、必ず立ち上がってくれると信じています」と、エールを送った。