ここから本文です

中国・ロケット軍トップ交代 習氏、軍の権力掌握進める

9/16(土) 21:44配信

朝日新聞デジタル

 中国軍のロケット軍トップの司令員(司令官)に周亜寧・前同軍副司令員が昇格したことが判明した。複数の中国メディアが16日、伝えた。周氏は習近平(シーチンピン)国家主席と関係が深い旧南京軍区での勤務歴が長く、習氏が信頼を置く軍幹部の1人とみられる。

 今年に入り、陸海空とロケット軍のトップがすべて交代した。旧南京軍区経験者の登用が目立ち、習指導部2期目の態勢を固める党大会を10月に控え、習氏が着実に軍内の権力掌握を進めている模様だ。

 弾道ミサイルなどを扱うロケット軍は2015年末に新設され、陸海空軍と並ぶ重要な戦闘部門と位置づけられている。

朝日新聞社