ここから本文です

M1の広島が三回に先制 丸が2点適時打 先発の薮田は序盤三回無安打投球

9/16(土) 15:27配信

デイリースポーツ

 「広島-ヤクルト」(16日、マツダスタジアム)

 M1の広島が勝つか、引き分けで優勝が決まる一戦は三回、広島が先制した。

【写真】赤で埋められた本拠地で先制の右前2点適時打を放つ丸

 打線は初回、2死から丸が一塁内野安打で出塁も後続が倒れ、無得点。二回は三者凡退に終わった。

 しかし、三回にヤクルトの先発・小川を捉えた。先頭の会沢が中前打。続く薮田が送りバントで1死二塁として、田中が四球、菊池が二塁内野安打で1死満塁とチャンスを広げた。ここで丸が一、二塁間を破る2点適時打を放ち、先制した。

 先発の薮田は初回、先頭の山崎にいきなりストレートの四球を与えたが、許した走者はここまでこの1人。グラウンド整備のために30分、試合開始が遅れた影響は感じさせず、無安打無失点で三回を終えた。