ここから本文です

広島の連覇は持ち越し 59年ぶりセ・パ同日Vならず

9/16(土) 18:15配信

スポニチアネックス

 ◇セ・リーグ 広島4―5ヤクルト(2017年9月16日 マツダ)

 広島がマジック1で迎えたヤクルト戦で3点リードを守れず4―5と逆転負け。37年ぶりとなるセ・リーグ連覇は17日以降に持ち越しとなり、1958年の巨人&西鉄(現西武)以来59年ぶり4度目となるソフトバンクとのセ・パ同日Vはならなかった。

 台風18号の影響で予定より30分遅れの午後2時半から始まった最下位ヤクルトとの1戦。3回に1死満塁から丸の右前適時打で2点を先制した広島は、1点差に迫られた直後の4回に新井の右越え9号ソロと会沢の適時打で2点を入れて一時は3点をリードした。

 だが、ハーラートップタイの15勝目を目指した先発の薮田が5回に1点、7回に2点を失い、4―4の同点となった7回途中で降板。8回、この回から登板した3番手・今村が安打と連続四球で1死満塁のピンチを招き、奥村の中犠飛で勝ち越し点を許した。

 9回には、この回から登板したヤクルト5番手のルーキを攻め立て、田中と菊池の安打で1死一、三塁のチャンスを築いたが、3番・丸と代打のエルドレッドが連続で空振り三振に倒れた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/20(水) 5:00